banner

無添加基礎化粧品とは

無添加の基礎化粧品とは、石油から作られた成分が含まれていないことを意味し、天然の植物成分中心に作られている化粧品のことです。ただし、無添加化粧品に関して、法律などで決められた基準や、業界統一の定義もありません。そのため、無添加基礎化粧品と謳われている化粧品でもメーカーによって、その内容は同じではありません。

現在は、全ての化粧品に含まれている成分を商品に表示しなければならないと厚生労働省が定めていますが、それ以前は、皮膚に刺激を与え、アレルギー反応を起こす可能性のある102種類の成分を除いては、全ての成分を表示する必要はありませんでした。そこで、少なくともこの102種類は他の成分よりも、皮膚に過剰な刺激を与える可能性が高いので、判断に困る場合は、少なくともこの成分が含まれていない基礎化粧品を肌にやさしい無添加化粧品に近いと考えるのが良いでしょう。

この102種類の成分に関しては、「旧表示指定成分」または「102種類の表示指定成分」などのキーワードで、インターネットで検索すると分かります。

本当の意味の無添加基礎化粧品は、無農薬で育てられた植物の天然成分のみで作られた化粧品となります。完全無添加化粧品と明確に表現される場合もあります。無添加基礎化粧品は肌にやさしいので敏感肌の人は利用してみる価値はあります。無添加化粧品は、価格が高い、製品安定性が悪いなど、無条件に優れていると言う訳ではないので、自分の肌の状態を考慮して使うようにするのが合理的です。

注目記事

banner
選び方のポイント

記事を見る

banner
それぞれの役割を知って効果を高める

記事を見る

banner
無添加基礎化粧品とは

記事を見る

Copyright(c) 基礎化粧品の基礎から種類、及び上手な選び方. All Rights Reserved.